応用植物医科学研究室

説明


 教授

 西尾 健

 Takeshi NISHIO

 

説明

 植物には人間のような免疫機能がありません。そのため、一度ウイルス病にかかると治療の方法がありません。植物のうち、果樹類、球根類やイモ類は、種子から育てるイネや野菜とは異なり、親植物の組織の一部が子植物になる栄養繁殖という方法を利用して苗を作ります。このため、一度ウイルスに感染すると、永遠にウイルス病に感染したままとなり、被害が拡大していきます。このような植物のウイルス病の被害を調べて予防する方法を研究しています。

・PPV 感染ウメ樹の症状発現に関する研究

・PPV の自然伝搬に関する研究

・ウメ園に飛来するアブラムシに関する研究

・アブラムシのPPV 媒介能力に関する研究

・フリージアのウイルス病に関する研究

・ユリのウイルス病に関する研究

・クリスマスローズのウイルス病診断技術開発

 

社会との接点

 現在、東京都や兵庫県などのウメの栽培地で、プラムポックスウイルス(PPV)という、今まで日本にはなかったウイルスが発生したため、国は莫大な経費をかけて、感染したウメを全て伐採するという緊急的な防除対策を実施しています。PPV はヨーロッパやアメリカに発生し、アンズやモモなどの果樹産業に大きな被害を与えていたものが、日本に侵入したもので、日本ではこのウイルスの研究が全く行われていませんでした。そこで、私たちの研究室では、農林水産省のプロジェクト研究チームの一員として、PPVがどのようにして伝染していくのか、ウメ以外の果樹などに感染するのかどうか、ウメ園の中に生育している雑草や周辺で栽培されている農作物などに感染しないのかどうかなどの調査研究を続けています。その結果、① PPV はウメに寄生するアブラムシや周辺部の雑草に寄生する多くのアブラムシにより伝染すること、②果樹園の中や周辺に発生しているノボロギクというキク科の雑草に感染する可能性があること、③サクラにも感染する可能性があることなどを明らかにすることができました。今後、さらに研究を続けていく予定ですが、研究の成果は、PPV を日本から撲滅するための対策に活かされるものと期待されます。